多焦点眼内レンズ

人の眼は若い頃は遠くも近くも見ることができます。これは「調節」といって無意識のうちに水晶体を変化させているからです。ところが、年齢が上がるとこの調節力が低下して、ピントが合う範囲が狭くなり、またピントを合わせるのに時間がかかるようになります。

多焦点眼内レンズを使用すると、白内障術後に遠くも近くもピントを合わせることができ、日常生活の中ではほとんどメガネを使わなくてよくなります。また若い方の白内障などでは、術前・術後の見え方を考慮すると多焦点眼内レンズが推奨されることがあります。

この手術では、正確なレンズの選択と、手術の際の繊細な調整が術後の見え方を大きく左右しますが、南眼科では最新鋭の検査機械(CASIA2 )による最適なレンズ選択をした上で、屈折矯正の専門知識のある熟練した医師が丁寧に手術を行っております。南眼科は多焦点眼内レンズを使用した白内障手術で多摩地区初の先進医療施設として認定されており、基本的には自費診療の手術ですが、保険の先進医療特約などにも対応しています。

左側の写真は白内障手術で一般的な単焦点眼内レンズを使用した際の手術後の見え方です。この写真の手術では遠くを見やすいようにレンズの度を設定しているので、遠くのテレビは見えますが、手元のリモコンが見えにくいのではっきりみたい時には眼鏡をかける必要があります。

一方、右側の写真は多焦点眼内レンズを使用した際の手術後の見え方です。遠くのテレビも近くにあるリモコンもしっかり見えています。コントラストはわずかに落ちるのですが、普段は眼鏡をしないで過ごすことができとても便利です。

多焦点眼内レンズについての詳しい説明は外来診療にて行っております。お気軽にご相談ください。